真実を報道する

やまと新聞

福地源一郎の新聞に対する理念=やまと新聞創刊の理念
「新聞の真の使命は、事実無差別に報道すれば能事足れりとするものではなく、報道する事実の是非善悪を、高い次元、高い道義をもって判断し、是、善なるものはこれを宣揚し、非、悪なるものはこれを剔抉糾弾して世論を喚起し、政治家、事業家、教育家その他の指導層を含む民衆を指導し、国家社会のおもむくべき道を明らかにするものであらねばならぬ」

新生やまと新聞20周年記念

鈴鹿耐久レース「北方領土返還」

​やまと新聞の歴史と背景

明治19年10月7日やまと新聞創刊号

昭和33年7月19日帝都日日新聞復刊号

終戦後自分たちの主張ばかりを強くして、その義務というものを忘れておる者が多い。
その非国民的な悲愛国的な我利我利の連中の意を迎える様にするのが今の多くの新聞雑誌の態度です。その大新聞に向かって、思う存分な批判を

「帝日の復刊」昭和33年7月19日(土曜日)帝都日日新聞 第4194号より

真に強い者に対して強く、弱い者に対して優しい新聞を創ってもらいたい。ただ、その間一刻も記事の正確を忘れないことを期待する

「義ヲ見テセザルハ勇ナキナリ」小泉信三 
昭和33年7月19日(土曜日)帝都日日新聞 第4194号より

昭和44年7月1日「帝都日日」からや「まと新聞」へ

新しい時代に新しい指導理念を生み出さなくてはならない。俗悪ジャーナリズムを徹底的に排撃し、新日本の道標となるにふさわしい日本の文化を創りあげることは今日的急務となってきた。「帝都日日新聞」が「やまと新聞」と名称を変え、新日本を創りだす真正ジャーナリズムの一躍たろうとする真意もここにある。「やまと新聞」はもともと日出国の新聞としてその歴史は古く、日本民族の新しい精神、文化を創み、かつ結集するにもっともふさわしい新聞の使命を持っている。
「やまと新聞」は新しい日本の文化の先達として再発足する。

「曲がり角に立つ日本」昭和44年7月1日(火曜日)やまと新聞 第7538号 より

 

「帝都日日」を踏み越えたところに「やまと」は、民族の良心として国を愛する国民とともにあろうとする。

「筆剣」 昭和44年7月1日(火曜日)やまと新聞 第7538号より

紙媒体からWebへ